がん治療中

postheadericon 悪性腫瘍の定義とは

悪性腫瘍である癌は、日本人の死亡原因第一位を長年独占している状況です。
ポリープなどの良性腫瘍とは区別されています。
腫瘍とは、免疫異常などで遺伝子に傷がつき、異常な形で増殖してしまった細胞の塊のことをいい、悪性かどうかは細胞の増殖の異常度によります。
遺伝子が正しく働けば、新陳代謝として人間の細胞を常に正しく作り変えるように指令を出しますが、この情報自体が間違ってしまうと、異形の細胞である悪性腫瘍を作り出してしまいます。

再発と転移の定義
悪性腫瘍の治療は手術で取り除くなどの外科治療、放射線照射で細胞をたたいて小さくする放射線治療などがあります。
悪性腫瘍のやっかいなところは、遺伝子が間違った指令を出し続けるので、一度異形の細胞ができると、手術で取り除いたり放射線で小さくしても、また別のところから同じような細胞を作り出してしまうことにあります。
同じ場所からまた腫瘍ができたり、取り除いた場所の近くに腫瘍ができることを再発といい、残っていた腫瘍が血流に乗って、別の場所で増殖することを転移といいます。

治療専門医がいます
特に腫瘍が転移していると宣告されると、もうできることがないだろう、もう助からないだろう、と思いがちですが、最近では抗癌剤などの色々な治療法が確立されてきています。
あきらめてしまう前に、専門医に相談することが命をつなぐ方法です。
最近では腫瘍専門外来という、癌の治療を専門的に行う診療科が出来ています。
専門知識豊富な医師と看護師が、苦しい状況にある方をサポートしています。
時には高額になる費用のことも相談に乗っています。

がん治療の病院のベッド

postheadericon 早期治療が大切

癌は悪性の腫瘍になってきます。
良性の腫瘍は違います。
悪性の腫瘍の特徴ですけど、自然になくなる事はほとんどない事と増殖していくという事が上げられます。
ですので、放置しておくとどんどん悪化していきます。
ですので、早く発見して対策をしていかないと命にかかわるようになりますので注意が必要な病気になっています。
定期的に健康診断をして早期発見、早期治療できるようにしなければならないです。
誰にでもなる可能性がありますので定期診断は必要です。

どうやって治すのか
癌の治療方法になってきますけど、主に手術になってきます。
しかし場合によっては放射線治療や抗がん剤などを利用して行っていきます。
抗がん剤の場合は、手術をする場合でもしばらくしていく事も多いです。
抗がん剤は悪性腫瘍を破壊していくだけでなくて、転移を防ぐためにも有効な手段です。
癌は進行すると転移してしまう可能性が高くなりますので、それを防ぐ必要があるのです。
腫瘍が小さいほど、さまざまな対策法がありますので早期発見が大事です。

転移に注意する
癌で一番注意しなければならないのが転移になってきます。
転移してしまいますと治療が困難になってしまうからです。
発見が遅れるほど転移の可能性が高まってきますので、発見が遅れないようにしていく必要があります。
悪性腫瘍は歳をとっている人ほどできやすいです。
35歳くらいを過ぎたら年に1回は検診をして転移を未然に防ぐ事が必要になります。
転移しているかしていないかで大きく状況が変わってくる事を把握しておく必要があります。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031